So-net無料ブログ作成

保温ジャー人気ランキング|口コミ、評判など

保温ジャーはご飯を釜で炊いて、温かいまま保存しておくために
使用します。一度炊いておけば電気で保温し、いつでもアツアツのおいしさを
キープしてくれます。 保温ジャーは、大家族用や業務用などの大きなものから
小ぶりのものがあり、当然ながら大きさによって価格は変動します。
また、お弁当用の保温ジャーもあり、外でもあったかいお弁当が
食べられます。
いつも、お弁当はレンジでチンしない限り冷たいのでお弁当用の
保温ジャーはオススメですね。御飯だけでなくスープの
入れられるので、寒い冬には大活躍ではないでしょうか。
保温ジャーの購入をお考えの方は、Amazon.co.jpで。Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。
 
 
 
 
 
 
 
保温ジャーは、ご飯を温かく保つためのものです。
現在では、炊飯器あるいは電気炊飯ジャーが主流です。がお気づきでしょうか?
炊飯器の保温機能=電気の無駄使いですよ。
エアコン代節電といわれますが、炊飯器も調べてみるとかなりの電気の消費量。
電気炊飯器は、1日24時間365日働く大型冷蔵庫と同じだけ電気を使っている、と
いえるほどの電気量です。
保温よりは冷凍→電子レンジ、そしてそれよりは、「おひつ」。
ここで、保温ジャーの出番です。
また、お弁当用の保温ジャーもでてきており、
これは要チェックです。
朝作ったお弁当は必ず冷たくなります。が
せっかくなんですからあったかいご飯食べたいですよね。
レンジでチンできれば問題ないですが、それができない時
そんな時に、このお弁当用保温ジャーが活躍するんですよ。
保温ジャーの利点は、少し時間が経っても、あったかく、おいしくというところです。
一度考えて見られるのも悪くないですね。 
 
 
~補足~ 
なぜ電気炊飯器の保温機能を使わずに、保温専用のジャーを使うのかというのは当然の疑問だと思います。しかし良く考えてみれば、保温機能にかかる消費電力は結構なものになるということに気づくのではないでしょうか。朝にご飯を食べる家庭だと夜に炊いたお米をそのまま電気炊飯器の保温機能を利用して保温しておくというところが多いでしょう。その間にもかなりの電気代がかかっているのです。その電気代を削減できるのが保温ジャーです。
こういった用途のほかにも、最近ではお弁当用の保温ジャーが売れ筋商品です! 朝作ったお弁当を、暖かいまま昼に食べることができるので、特に冬の寒い日に冷えてしまった弁当を食べてお腹の調子を悪くしてしまうなんてこともありません。学校にお弁当を持っていく子どもたちにも人気です。節電が叫ばれているこのご時世に、こういった形で貢献するのも十分「アリ」でしょう。もちろん、長時間の保存については保温ジャーを使わずに、冷凍して食べるときに電子レンジでチンしたほうが経済的ですが、ちょっとの時間であれば保温ジャーをうまく活用することをおすすめします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。